砂漠の赤~木版更紗のふわり袖チュニック

商品コード: CIC93 カテゴリー:

説明

@asama

木版更紗で8分袖くらいのチュニックを作りました。
単品でも重ね着でも着用していただけます。
袖先にゆるめにゴムを入れて袖をふわっとさせています。

生地はインド西部グジャラート州カッチ産。2019年に訪れた際にアジュラクプルという木版更紗の一大産地で探したものです。
木版更紗の中でもこのカッチ地方で作られたものは「アジュラク」と呼ばれ、独特の幾何学模様が特徴的です。最近は他の柄も作られるようになりましたが。パキスタン国境にほど近いムスリムの土地です。このアジュラクは、男性もターバンやショールとして使うことが多く、町を歩いていると素敵な紳士をよく見かけました。
インド茜の赤がベースの色になっていますが、鮮やかすぎない少し暗めの赤で全体的に落ち着いた雰囲気に仕上がっている布だと思います。

工房のショールームのような場所で端に積まれた布を物色しましたが、他にも布探しをしているインドの女性が多数いて、その中の1人が私が選んだこれをじーっと見てきて「私も欲しい」と。えっ、と思いつつも嫌とは言えず……。シェアしたので購入できたのは1着分。そんな思い出の布です。
1点物です。再製作はできません。

着丈 66cm
身幅 54cm
裄丈 60cm

@asama アジアの質の高い布をリンコル工房で製作した作品
@some リンコル工房で草木染めを施した作品
@dococa アジアの汎用布、国産布を使用した作品。一部タイの提携工房による縫製もあり

※実店舗、またほかのクラフトマーケットでも同じものを販売しています。このため売り切れの表示が間に合わないことがございますので、ご了承ください。

※ご注文の前に、素材、サイズ、色など、十分にご確認ください
※糸の紡ぎから縫製まで、すべてが農家の軒先等の家内工房での手作業です。このため、マスプロによる工場生産品ほどの完成度を認められない場合もあるかと思います。この点、ご理解ください
※特に手織り布の場合、織り傷、織りムラが生じていることがあります。無視できないものについては避けておりますが、歪み等避けきれないものもありますので、生地の特性としてご承知おきください
※染料の匂い等もある場合があります
※撮影場所や明るさ等、できるだけ実物に近い色を出せるよう努力しておりますが、お客さまのモニターに再現される色と実物とに誤差が生じる場合があります。ご了承ください
※色、素材、その他気になる点がありましたら事前にお問い合わせください
※ 最初は色落ちする可能性がありますので、別洗いで様子を見てください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA