浅間山麓の藍染めスカート

¥20,000

着丈 69cm
身幅 55cm

在庫切れ

商品コード: STC69 カテゴリー:

説明

@asama @some

ざっくり織られた手織り木綿のスカート、浅間山麓で育てた藍で染め重ねてから仕上げに土布のポケットをアクセントにつけました。本当にシンプルなスカートで、縫い目を解けば元の四角い布に戻ります。たくさんカッティングを入れた服もいいですが、こんな手織りの布の場合はできるだけ切らずに作りたくなります。

生地はタイ北部ジョムトンの手織り木綿。手紡ぎ風の太さが均一ではないスラブ糸を使い、ざっくりと織られた味のある布です。生地自体が少し細めの幅だったため、その幅いっぱいを身幅にしてスカートに仕立てました。
木綿糸で縫製したものを自家製の藍で染め重ね。すこし厚手の生地は染まり方がゆっくりなため、6度染め重ねました。酢酸で布を休め、あく抜きもしています。

生地にいくぶんネップがあり、織りムラも散見されますが、着用に支障はありません。生地の特性とご理解ください。
また、ざっくりとした表面のため、染め液の中の植物繊維(タデ藍)が付着しやすく、できるだけ除いていますが取り切れていないところがあるかもしれません。そのうちに取れていくものですが、ご承知おきください。

土布は上海の崇明島で織られた古いもの、ただし使われていたものではなく、新品が倉庫に眠っていたものです。島の博物館を訪れた際に購入しました。しっかりとした厚手の布です。

画像は明るめに写っています。もう少し暗い紺に近い青です。

着丈 69cm
身幅 55cm

天然藍のみで染めています。他のものに染め移るほどの色は出ませんが、できれば1度目は単独洗いで様子を見てください。わずかにアクが出る可能性があります(水がうっすらと茶色くなる程度です)。
また、藍は光に弱いため、特に収納する際に一部分だけが光に当たることのないようにご注意ください。

@asama アジアの質の高い布をリンコル工房で製作した作品
@some リンコル工房で草木染めを施した作品
@dococa アジアの汎用布、国産布を使用した作品。一部タイの提携工房による縫製もあり

※ご注文の前に、素材、サイズ、色など、十分にご確認ください
※糸の紡ぎから縫製まで、すべてが農家の軒先等の家内工房での手作業です。このため、マスプロによる工場生産品ほどの完成度を認められない場合もあるかと思います。この点、ご理解ください
※特に手織り布の場合、織り傷、織りムラが生じていることがあります。無視できないものについては避けておりますが、歪み等避けきれないものもありますので、生地の特性としてご承知おきください
※染料の匂い等もある場合があります
※撮影場所や明るさ等、できるだけ実物に近い色を出せるよう努力しておりますが、お客さまのモニターに再現される色と実物とに誤差が生じる場合があります。ご了承ください
※色、素材、その他気になる点がありましたら事前にお問い合わせください
※ 最初は色落ちするA可能性がありますので、別洗いで様子を見てください
※実店舗・自サイト、またほかのクラフトマーケットでも同じものを販売しています。このため売り切れの表示が間に合わないことがございますので、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA