上海木綿(土布)のころんとパンツ

カテゴリー:

説明

上海で求めた古い手織りの木綿生地で仕立てたパンツです。
同じような形としては2つめですが、前作とは生地が異なります。

中国の江南地域では昔から農閑期の女性の手仕事として、木綿の手織りが行われてきました。素朴な無地、ストライプ、格子などの柄のものなど、様々な木綿布です。
急激な経済発展の中、既にこのような布を織る人は殆どいなくなり、ごく一部でまだ織られてはいますが、なかなか出回らないものになりました。
この生地は、上海の骨董街を歩きまわっていた時に見つけました。その時は、古いボタンなどあれば欲しいと思っていたので、生地があったのには驚きで、すぐに交渉して求めました。店主自身がどのようにして自分の店に置かれているのかわからないほどのもので、正直に言えば捨て置かれていたものを拾い上げてきた、という感じでした。少なくとも文革前ではないか・・・、とは聞きましたが、定かではありません。いずれにしても古いものであることは確かです。

比較的太めの糸を強く叩き込みながら織ったと思われる生地はしっかりとした厚みを持ち、丈夫でありながらしなやかでもあります。農村部の女性たちはこの生地でチャイナ風の上着などを仕立てて着用したのではないかと想像されます。
ウエスト部分に綿麻生地を使いました。土布だとちょっと厚みが出すぎるので。
大きめのポケットは2種類の土布を接ぎ合わせています。
裾はタックを入れて少し絞り、タイやインドの手織り布をつなぎ合わせたものでパイピングしてみました。

・寸法 丈72㎝ ウエスト最大106㎝ 裾周り50cm
・素材 中国の手織り木綿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA